氷血の皇子


第一部「胎動編」 第二章「皇宮」2

「――湯殿の準備が整いました」
 取り澄ましたような若い女の声が、ようやくうとうととしかけていたヴェルヴィオイを揺り起こした。眠りに落ちる寸前の、心地よい時間を邪魔されて、 ヴェルヴィオイは不機嫌に寝具から這い出した。

 帳を分けて顔を覗かせると、宮女が一人待ち受けていて、儀礼的にお辞儀をしてみせた。
 先ほどゼラルデに答えていた年嵩の宮女ではなく、彼女に付き従っていた若い娘の片方である。それでもヴェルヴィオイよりは三つ四つ年上であろう。
「こちらへ、どうぞ」
 顔を上げた宮女が指し示したのは、いつの間にか立てかけられていた衝立である。どうやらその向こうに風呂の用意がされているらしい。 他の宮女たちの姿は既に部屋になかった。

「あんただけ、何でここに残ってんの?」
 ヴェルヴィオイは警戒しながら宮女に尋ねた。宮女はヴェルヴィオイの反応を試すような眼差しで微笑んだ。
「入浴と着付けをお手伝いするように言われています」
「ああ、そう」
 ヴェルヴィオイは帳の層を背後に押しやり、寝台の端に腰掛けて投げやりに言った。
「それじゃあ何でもいいから手伝ってよ。俺はこんなお上品な場所に慣れていないから、どうすりゃいいのかてんでわからないし」
「畏まりました。では、失礼して――」
 そう言って宮女はヴェルヴィオイに近づくと、彼の前で膝立ちになって、その服の釦を外し始めた。
 状況と相手はまるで違うが、昨日から女に脱がされてばかりだとヴェルヴィオイは思う。

「ふうん、お偉い人って、あんたたちに色んなことをさせてるんだね」
「ご自分でなさいますか?」
 年下の少年をからかうようであった宮女の手が、ふと止まった。宮女の怯んだような視線の先を追って、ヴェルヴィオイは肌蹴た自分の胸元に、 ダニエラが残した接吻の痕を見つけた。
「なんだ、実は初心なんじゃない」
 ヴェルヴィオイは宮女の手首を掴んでにやりと笑った。
 びくりと身を硬くした宮女の手を、自分の服から引き剥がして、ヴェルヴィオイはその場に立ち上がると、羞恥する素振りも見せずに、潔く全ての衣類を脱ぎ捨てた。
 そうして一糸纏わぬ姿のまま、すたすたと衝立の向こうに行き、暖かな湯気を上げる浴槽に身を沈めると、のんびりと寛いだ声で宮女を呼んだ。

「ねえ、手伝ってくれるんでしょ? 早くこっちに来てよ」
「は、はい……」
 宮女は動悸を激しくしながらヴェルヴィオイに近づいた。
「お待たせしました」
「いい湯加減だよ。ああ、気持ち良いな……」
 ヴェルヴィオイは浴槽に寝そべりながら幸せそうに伸びをした。上気して色付き始めた頬や肩、心地よさげに伏せられた目の端に、女でもなかなか持ち得ぬような、危うげな色気が漂う。
「それで今度は何してくれるの?」
 浴槽の縁に両腕を重ねて、甘えるように見上げながらヴェルヴィオイは問うた。 十代半ばの少年の姿態に、心乱されている自分を愚かしく思いながら、宮女は上ずった声で答えていた。
「あの、必要がありましたら、その、何でも……」
「ふうん……」
 ヴェルヴィオイはその宮女の言葉に多くのことを察した。入浴と着付けの介助が本来の仕事であるに違いないが、もしも今自分が望んだら、 それ以外のことにも応じる覚悟があるということだ。それも含めて宮女の務めというものなのだろう。
「それじゃあ髪を洗って欲しいな。人にしてもらうのって好きなんだ」
 邪気のない微笑を浮かべて、ヴェルヴィオイは宮女に頼んだ。ほっとしたように宮女は頷く。

 ヴェルヴィオイの癖のある赤い髪を、宮女は指先と櫛とで丁寧に梳きほぐし、湯だけで軽く流してから、香油の入った石鹸を泡立てて優しく洗い始めた。 腰までの湯に身を浸し、宮女の奉仕を当然のように受けながら、ヴェルヴィオイは思案を巡らせた。

 自分は今、かなり異常な状況に置かれているらしい――。

 ゼラルデと呼ばれていた鷲鼻の女は、ここをゾライユの皇宮だと言っていた。
 宮殿と呼ばれるような建物の内部など、ヴェルヴィオイは今まで知る由もなく過ごしてきたが、この桁外れに豪華な部屋、それに女たちの身なりの良さ、 鼻持ちならない上品さから察するに、おそらく本当のことなのだろうと思う。
 わからないのは、何故自分がそんなところに拉致されてきたのかということだ。
 それにこの宮女は、一体どうして、自分のような市井の子供に、召使いの如く接してくれているのだろう?
 ヴェルヴィオイは他人から尽くされることに慣れている。気紛れに返される、微笑みや快楽を期待して、あらゆる手で彼の気を惹こうとする者たちがいるからだ。
 しかしこの宮女はそうではない。少なくとも、今は、まだ――。

「お身体はどうなさいますか?」
 髪の泡を流し終えて、宮女は後ろからヴェルヴィオイに尋ねた。
「洗いたい?」
 仰向けに振り返り、ヴェルヴィオイは挑発的に問い返した。自分の身体に触れたいかと聞いたのだ。
「いえ……、あの……」
 まごつく宮女の表情を面白そうに眺めてから、ヴェルヴィオイは傍らのワゴンに手を伸ばした。 それらしい海綿(スポンジ)を見つけて掴む。
「今は、いいや。今日は自分で洗うからまた今度ね。俺だけ脱いでるっていうのも不公平だしさ」
 海綿を湯に浸して軽く絞ってから、ヴェルヴィオイは宮女に空いた方の手を差し出した。
「石鹸をちょうだい」
「あ、はい」
 宮女から石鹸を受け取って、ヴェルヴィオイは彼女の目を憚ることもなく、入念に身体を磨き始めた。いざというときに自分を守る『武器』の手入れである。 それは爪を磨ぐ獣の姿にも等しい。
 焦って騒ぎを起こしたところで、事態が好転するとはとうてい思えない。天性の柔軟さで、ヴェルヴィオイはひとまずこの状況を受け入れて、 自分なりに楽しんでみることにした。憂さ晴らしに目に付いた宮女たちを、片っ端から落としてみるのも悪くはないだろう。

- continue -

2014-07-18

  


inserted by FC2 system