タリクタム=キヤンテ二重結婚


第二章「タリクタムの結婚」3

 朝方、先に目覚めたシヤナーハは、陽の高さを確かめて寝過ごしていないことに安堵した。
 人肌に包まれながら前後不覚に眠りに落ちた、いつもと違う寝台の傍らには、もう決して幼いとは思わない、年下の王配がまどろんでいる。

「お早う、アズ」
 耳元で声を掛けながら、シヤナーハはアズカヤルを揺り起こした。
「んー……、ナーハ……? お早うにはまだ早いです……、もうちょっとだけナーハにくっついて……」
 むにゃむにゃと甘えたな声を出し、アズカヤルは幸せそうな寝とぼけ顔をさらに蕩かせて、シヤナーハの裸の身体にすり寄ってくる。 うっかり許してしまいたくなるが、シヤナーハは心を鬼にして再度揺すった。

「アズ、昨夜はよくぞ奮闘してくれた。さぞかし眠かろうがもう起きた方がいい。そろそろ坊主が来るぞ、初夜検分に」
「しょや……けんぶん……?」
 未だ夢うつつの目をこすりつつ、アズカヤルは聞き慣れない単語を鸚鵡返しした。 それを臆することなく受けられることの返礼に、シヤナーハはその額に軽く唇を押し当てた。
「ああ。おぬしが離してくれなければ、おぬしも我もこのまま夜具を引き剥がされて、生まれたままの姿を全部晒す破目になる。だから気合いで起きろ、起きてくれ」



*****


 なんとか起こしたアズカヤルに脱ぎ落されていた寝衣を着せて、 自分もそうしたシヤナーハが、艶々とした黒髪を(くしけず)ってやっていたところで、 高僧、小坊主、宦官という、昨夜と同じ面子が揃って部屋の前までやってきた。
 不承不承といった気持ちを隠そうともせずに、入室を許可してシヤナーハは、アズカヤルを掛けさせている籐椅子の背後から、 その背もたれに腕を重ねて壮年の高僧に文句をつける。

「床入りの確認だけでは飽き足らずに、事後の寝台も(あらた)めさせろというのだから、 坊主というのは本当にむっつりだな」
「仕来りでございます。仕、来、た、り! 寝台で検められればよいですが、そうでない場合には、陛下の御身を検分させて頂かねばならないこと、ご承知でしょうな?」
 むっつりではなくむっすりとした高僧は、シヤナーハに挑発的に言い返すと、宦官に寝台の夜具を剥いでくれるよう依頼した。 現れた白い褥には無数の皺が寄り、シヤナーハの破瓜の血で、見るも明らかな血痕がついていた。

「え……?」
 高僧は我が目を疑い絶句した。小坊主もまた同じような顔をした。
 女王の私生活を窺い知れる宦官には、さすがに驚きはない様子だが、シヤナーハの処女性を、頭から否認していた人間たちがここにもいた。

「終わったな。早う()ね」
 どいつもこいつも失礼極まると思いながら、シヤナーハはしっしと追い払う形で手を振った。
 タリクタムの人喰い人魚というあだ名には、若い男を誘惑して喰らう、人魚特有の淫靡さが付きまとう。 その得体の知れない悪女的な印象を、シヤナーハ自身が利用してきたことも否めないが、自国の女王の貞操観念というものを、いま少し信用してもらいたいところである。

「いえ、まだです。陛下、恐れ入りますが月のご予定は?」
 目の前にあるものを信じようともせず、しぶとく食い下がる高僧に、シヤナーハは堪忍袋の緒を切らした。

「月なら五日前に終わっている! 付け加えるなら狂いはない方だからな! 全く、昨日が吉日――というのもあるが、我とセーナーヴィーの月の巡りを考慮して、 婚礼の日取りを決めたというのを知らんのか? 女王の脚の間を覗き込もうとする前に、そのくらいのことは調べてこい!
 それに初夜の成否に疑問を抱くのは、我よりも婿殿に失敬というもの。のう、アズ、おぬしからも何とか言うてやれ――、アズ?」
 シヤナーハが右肩に手を置いて覗き込むと、アズカヤルはその手を握って、血の気を引かせた顔でシヤナーハを仰いだ。

「ナーハ、血、あんなにも……、出ていたんですね……」
「もう止まっている。案ずるな。言っただろう? その身をもって確かめればいいと」
「そう……でしたね……」
 アズカヤルは薄っすらと、しかし嬉しそうに微笑した。面映ゆく笑みを返したシヤナーハの手から、アズカヤルの手がするりと外れる。

「アズ!? どうしたアズ!?」
「……僕、血……、苦手で……」
 片言でそう言い残してアズカヤルは、こてりと気を失った。血相を変えてシヤナーハは、アズカヤルの前に回り込む。
「アズ!?」

「あー……、タリクタム女王シヤナーハ陛下、並びに王配アズカヤル殿下は、初夜の契りを交わされて、めでたくここにご結婚なされたことを承認申し上げます。 タリクタムの国家と女王陛下御夫妻に、火の神の加護あらんことを」
「火の神の加護あらんことを。ご成婚おめでとうございます」

 結婚の見届け人である高僧と、その腰巾着の小坊主は、二人の結婚を常套句で寿ぐと、
「では陛下、これにて御免申し上げます」
 一夜を過ごした歳の差夫婦の、それ以前とは異なる親密さに、もう付き合ってはいられないとばかりに、そそくさとその場から退散しようとした。

「おぬしら、アズカヤルの国王戴冠式の件、忘れるなよ」
 振り返ってシヤナーハは念を押した。その口約があるからこその、執拗な追及であったはずだ。
「大僧正に申し伝えておきましょう」
 高僧は当たり障りなくそう答え、今度こそ本当に踵を返した。ちょこまかと先回りして、部屋の仕切りを開け閉めする、小坊主を従え去って行く。

「あやつら、救済が役割の坊主のくせに、急病人を簡単に見捨てて行きおって……! おぬしで構わん、気付け薬を早う持て」
 癇癪を起すシヤナーハに代わって、アズカヤルの介抱に当たっていた宦官は、その容態を確かめておそれながらと進言した。

「陛下、王配殿下は睡眠不足であられるとお見受けします。このまましばらく休ませて差し上げてはいかがでしょうか?  後のご予定は午後からで、急かされる必要はございませんし……」
 くたりと寄り掛かった籐椅子で、アズカヤルはすやすやと安らかな寝息を立てていた。顔色はまだ戻りきっていないが確かに大事はなさそうだ。
「アズ、繊細なのか図太いのか……」
 ほっと気を緩めながらシヤナーハは、自身もまた強烈な眠気を感じていた。大きな欠伸を片手で押さえ、気だるげに指示を出す。

「そうだな、では新しい褥に取り変えて――、いや待てよ、お互いの部屋を行き来する、裏通路があることだし、我の部屋へ移った方が手っ取り早いのか。 のうおぬし、アズを我の寝台まで運んでやれるか?」
「それは問題なくできますが、陛下のご寝台……。もう陽は昇っておりますが、よもや陛下もご同床なさるのですか?」

 苦言含みの宦官からの問いかけに、シヤナーハはぽうっと目尻を染めた。それは昨夜の顛末を思い浮かべてしまった、嬉し恥ずかし新妻の顔だった。
「新婚なんだ、大目に見ろ。それにこなたの婿殿のおかげで、我もほとほと眠うてな」

- continue -

2017-06-22

  


inserted by FC2 system