タリクタム=キヤンテ二重結婚


作品紹介

あらすじ

キヤンテ王ラウサガシュからの求婚を断り、タリクタム女王シヤナーハが提案したのは、ラウサガシュとタリクタリム王妹セーナーヴィー、 シヤナーハとキヤンテ王弟アズカヤルという組み合わせでの婚姻。
二国の関係を強固にする、はずの、二重の政略結婚。しかし、やけくそ気味に受けられた異色の結婚は、どちらも不安要素を抱えていて……。 二組の男女が、それぞれの形で、夫婦を全うするまでの物語。

レイティング及び作品状況
  • R-15  性表現、残酷描写を含みます。
  • 本編連載中  /  連載開始日:2017.06.09
  • 「小説家になろう」さんに転載しています。

主な登場人物

ラウサガシュ  ♂  愛称:ラウサ
キヤンテ国王。俺様な好色漢。虎殺しの勇者であり、国内外で猛獣認定されている。

シヤナーハ  ♀  愛称:ナーハ
タリクタム女王。『タリクタムの人喰い人魚』の異名で呼ばれる肉感的な美女。

セーナーヴィー  ♀  愛称:セーナ
タリクタム王妹。時と場合によっては男装もする麗人。冷静沈着で表情に乏しい。

アズカヤル  ♂  愛称:アズ
キヤンテ王弟。ラウサガシュとは異腹。血に弱く、虎に懐かれる可憐な王子。

本編

第一章「タリクタム=キヤンテ求婚会談」  1   /  2
第二章「タリクタムの結婚」  1   /  2   /  3
第三章「キヤンテの結婚」  1   /  2   /  3   /  4   /  5   /  6   /  7 

- continue -

2017-07-30

  


inserted by FC2 system